東風平町字東風平区 雌

31 12月, 2013 (15:37) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 7m
2.旗頭全幅 1.8m
3.旗頭重量 30kg
4.灯籠デザイン やり
5.旗字 招豊年
□東風平町字東風平区雌の旗頭
東風平町字東風平区では戦前戦後を通じ毎年、大綱引きと豊年祭の二つの大きな行事を催している。
大綱引きは旧暦の7月16日旧盆の際のウークイ綱として、夕方公民館前で行われ、東西に分かれて2回挽かれる。綱は東西それぞれ安置所があり、それぞれトゥルーを先頭に公民館前に入場し、1回目の綱引きの後ガーエーが行われる。
豊年際は、旧8月15日夜・16日夜に催される。古くから五穀豊穣を祝う祭りだが、字東風平区では、守り神である獅子加那子を中心に祭りが展開される。祭りは字東風平の拝所を役員が獅子加名子とともに参拝するが、その際旗頭とともに移動、そして旗頭、獅子加那子を先頭にまつり会場に入場する。旗頭は祭り会場ステージの袖に立てかけられ祭りがまじまる。祭りは、役員の踊り、男性陣による棒巻き・棒術にはじまり、その後ステージで獅子舞、舞踊や芝居が行われる。
豊年祭における旗頭は大綱引きと違いガーエーは行われない、祭りのシンボルとして存在する。
今回、全島旗頭フェスティバルに参加する旗頭は、旧8月15夜の祭に揚げられるもので、棒術で名高い東風平町字東風平区の意気込みを表している。