与那原旗頭 東

31 12月, 2013 (15:34) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 7m
2.旗頭全幅 2m
3.旗頭重量 60kg
4.灯籠デザイン 菊と蝶
5.旗字 國豊
□与那原の旗頭
与那原大綱曳は400年余りの伝統を誇る県下でも有数の綱引きです。その中で旗頭は大綱曳を盛り上げるために重要な役割を果たしています。
旗頭とは、東が「國豊」西が「民栄」と大書した幟(のぼり)を孟宗竹に取り付け、その頭部分にチチン・ドゥールーをしつらえたものです。チチン・ドゥールーの語義は「鼓灯籠」ですが、東は鼓部分を菊の花、周囲を菊の葉で取り巻く形に、西は梅の花で周囲に桜を散らした形に仕上げており、灯火はつきません。
旗頭は右手で竹竿の下を支え、左手で竿の胴部を抱えて上下に揺らすのである。竿とチチン・ドゥールーの結合部に近いところに数本の綱でバランスを保つようにされており、綱曳が横の動きを代表するのに対して、上下の動きをとることによって、気勢や歓喜を表現する主役となります。重さが45〜55キログラムはある旗頭を頑強な若者がひとりで上下に「躍らせる」力と技が必要とされ、子供たちの憧憬の対象となっています。
東のシンボルカラーは紫、西のシンボルカラーは赤と決まっていて、鉢巻や帯、旗頭の衣装はいずれかに色分けされています。綱引きが始まる前にガーエーが始まり、祭りは絶好調に達する。ガーエーとは、東西の旗頭が空中に舞った後、綱東部を六尺棒で支えるグループが旗頭の周囲に駆け寄り、六尺棒を縦に持って背中合わせにサーサーとかけ声をかけて気勢をあげる。綱引きが終了すると、東西の旗頭のチチン・ドゥールーを相手を倒そうとするかのように接触させる緊迫した場面も作りだされ、文字どうり町が豊になるように民が栄えるように天高く若者たちは旗頭をおどらせるのである。

嘉手苅自治会

31 12月, 2013 (15:33) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 雄:6.5m 雌:6.5m
2.旗頭全幅 雄:2.3m 雌:2m
3.旗頭重量 雄:25kg 雌:24kg
4.灯籠デザイン 左御紋、サワフジ
5.旗字 雄渾、瑞光
□ 嘉手苅自治会の旗頭
西原町嘉手苅(かでかる)区は120世帯(自治会加入世帯60世帯)の町内でも比較的小さな行政区です。集落は17世紀のはじめ頃にはすでに形成されていたといわれています。
昔より肥沃な農地を持つ純農の里でしたが、去る第二次世界大戦には激戦地になり多くの犠牲を被り、集落中央部にある第二尚氏尚円王(金丸)縁の内間御殿などの神殿は激しい戦火を受け石垣遺構を残すのみで焼失しました。
しかし、周辺には福木の大木群が繁茂しており、緑豊で人々の心を和ませております。
また、内間御殿敷地内には樹齢450年から500年とも言われているサワフジの木があり、毎年7月の初旬深夜から明け方にかけて芳醇また、神秘的な香を漂わせ咲きます。開花時には町内外から多くの人が訪れ、その香に酔いしれます。
集落内には、五穀豊穣、その他諸々を祈願する3御殿を中心とした拝所や拝井泉も多く年中行事も毎年行われ、特に旧暦6月25日に行われる綱引きは朝から賑いを見せます。綱引きは御願的要素というレクレーションを兼ね、2回の御願綱を引いた後、男女に分かれ3回目の綱を引き合います。
嘉手苅区の旗頭の歴史は浅く、仕立てて7年です。デザインは尚円王に因んで左御紋と区の花、サワフジです。テーマは優しさ、勇気、団結です。

坂田自治会

31 12月, 2013 (15:33) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 8.5m
2.旗頭全幅 3m
3.旗頭重量 25kg
4.灯籠デザイン 朝日かしらと鷲
5.旗字 飛翔
□西原町坂田自治会の旗頭
坂田ハイツが誕生してから30年。住民は北は北海道から、南は沖縄の最南端にまたがる広域からの出身者で構成された新しい地域です。それ故、私たちの「ふるさと」坂田には古来から伝承された、いわゆる伝統文化がなく、後世に引き継ぐ坂田固有の文化の創造が住民の永年の夢でありました。その夢の一つとして平成8年、念願の旗頭が完成しました。
今回出場します旗頭は、ある地方で伝わる「朝日かしら」をベースに郷土民謡の鷲の鳥が太陽に向かって飛び立つという内容を添え、旗に記された「飛翔」の他に、世界中の恒久平和への祈りを込めた「協和」の文字を刻んだ旗と、「坂田っ子」と記された子ども用の旗頭があります。

小那覇自治会 雄・雌

31 12月, 2013 (15:32) | hatagashira | By: エイジ

□ 雄 旗
1.旗頭全長 7.1m
2.旗頭全幅 2.5m
3.旗頭重量 32kg
4.灯籠デザイン トラ、ツルカメ
5.旗字 歓楽
□ 雌 旗
1.旗頭全長 7.1m
2.旗頭全幅 2.5m
3.旗頭重量 28kg
4.灯籠デザイン ショウブ、ボタン
5.旗字 栄光
□ 西原町小那覇区の旗頭
小那覇部落は「遊び小那覇」とも称されるほど綱引きや村芝居などが盛んであった。それを歌った琉歌に「村寄しり寄しり小那覇村寄しり 村寄しりらりみ里前いもり」とある。小那覇の綱引きは五穀豊穣、無病息災を祈る行事であり、およそ200年以上の伝統を誇り首里から伝わってきたと言われる。小那覇は元々コージヤー米の産地であった。綱引きは毎年旧暦の6月15日のウマチー綱と旧暦の6月25日の次ぎの日曜日のウハチ綱が行われていた。
雌旗頭「後組」には菖蒲と牡丹の花が描かれ、スジ旗には「栄光」と表示され栄える意味を表している。雄旗頭「前組」にはトラと鶴亀が描かれ、スジ旗は「歓楽」と表示され五穀豊饒を喜ぶ意味がある。行列に参加する前組や後組の人たちは様々な趣向を凝らしてメーモイ(前舞い)→旗頭→ナジナタ→シタク→ジンナク→ボラ→ソーグ→締太鼓→踊り手(蝶々踊り、鶴亀、前ぬ浜、イナシリ節、花売踊り、扇の舞、汗水節踊り)→トックイ小などの順序で整列し、ボラ(法螺貝)の音で出発の合図を知らせ、ソーグの「ケンクン、ケンクン、ケレレンケン」の調子に合わせ旗頭が優雅に舞、雌旗雄旗が北と南から綱曳き場に集まりスネー(※訳入れ)をしたあとに綱が第一回目の綱が引かれた雄が勝つと弥勒世果報(ミルクゆがふ、豊かな世になること)、雌綱が勝つと子孫繁栄となり、2回目曳くことになっている。二度目はおおかた初回負けた組に勝ちを譲ったという。
こうして小那覇の大綱曳きの儀礼行事が終了すると言い伝えられている。

城間松明

31 12月, 2013 (15:32) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 7.5m
2.旗頭全幅 1.3m
3.旗頭重量 35kg
4.灯籠デザイン 団扇・鶴・旭
5.旗字 陽飛
□浦添市城間松明の旗頭
城間は、浦添市のほぼ北西に位置しています。字城間を擁する浦添市は、東シナ海に面した最も立地条件の良い場所を、太平洋戦争時の1943年(昭和18)に日本軍によって没収され、住民を総動員して南飛行場が建設されました。しかし、一度も利用されること無く終戦を迎え、戦後はそのまま引き継がれるように米軍の軍用地として強制的に接収され、今日見るように面積約257ヘクタールを有する広大な牧港補給地区となっています。
「沖縄戦」前の城間集落は「キャンプ・キンザー」基地内にすっぽりうずもれてしまし、わずかに基地内の「青年毛」跡や「亀甲墓」、「カーミージー」「ミツジ」などの海岸線にそのおもかげをみることができます。1947年(昭和22)から軍道1号線(現在の国道58号線)の東側に新たな集落の建設を開始し、一部、屋富祖の畑地を割り当て地として住宅化し、発展してきました。
綱引き行事は沖縄全域で行われる民族行事です。城間の大綱引きは戦前盛んに行われていたそうです。前村渠、後村渠にわかれて行われる松明(テービー)綱引きは城間集落を二分してしまいかねないほどたいへんな熱のいれようだったようです。戦いが終わっても興奮はおさまらず、喧嘩に発展してしまうこともあったそうです。そのせいか一時、子供綱だけになっていました。
戦後は長い間復元の機会に恵まれませんでしたが、1992年(平成4年)浦添商工会議所・サンパークてだこ通り会主催、浦添市・城間自治会共催による事業として復活し、1994年(平成6)度から字城間実行委員会形式にかわり、1997年(平成9)度から城間松明(テービー)大綱引保存会に引き継がれ、現在に至っています。
祭りを盛んに盛り上げる旗頭は、浦添商工会議所、サンパーク通り会から寄贈されたもので老朽化が進んだことから、平成11年10月から城間独自の旗頭が制作され平成12年5月に完成しました。自治会独自のものとしては第1号となります。
今回、全島旗頭フェスティバルに参加する旗頭は前村渠1番旗で、トゥールーを浦添市のシンボルでもある太陽(ティーダ)をかたどりました。戦前、前村渠の人々は、松の木の下で綱引きの綱を作ったということから、サンマーには松の枝が描かれてあります。旗名は、「太陽の下を元気よく飛び跳ねる」という願いを込めて、「陽飛」としました。

浦添市西原自治体

31 12月, 2013 (15:31) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 5.0m
2.旗頭全幅 2.1m
3.旗頭重量 30kg
4.灯籠デザイン 太鼓・ぼたんの花
5.旗字 豊年
□ 浦添市西原自治体の旗頭
浦添市西原で7月頃に西原大綱引きを行っております。その時に旗頭をだします。浦添市西原の綱引きの由来は定かではありませんが、区の諸先輩方の言い伝えによりますと、大昔西原の人々は食料を自給自足し、自然の恵みに感謝し、神々に祈り、収穫がすむと作物を神に捧げて来年の豊作を祈りました。その豊作祈願の行事が現在の西原大綱引きという形になり、受け継がれているものと思われます。
自然を敬い、人を愛し、和を大切にする西原区民の気持ちをこめて、五穀豊穣、無病息災を祈願し、神々や祖先の霊に対し祈りを捧げます。
西原区、一区と二区、東と西にわかれ、綱を引き勝敗決定後、旗頭の上げ勝負を行います。区民の若者達が旗頭を「我も、我も」と上げあっております。

壷屋華鳳会

31 12月, 2013 (15:14) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 7.57m
2.旗頭全幅 2.83m
3.旗頭重量 53kg
4.灯籠デザイン 炎と大壷
5.旗字 翔竜鳳雛
□ 壷屋華鳳会の旗頭
旗頭のトゥールーには、その神聖なる炎を掲げ、赤々と浮き出された壷という印を用いることにより、未来栄却に燃え盛る壷屋を表現いたしております。
また、「天地水火」と印されておりますのは、「飛竜のごとく天高く駆けめぐり、五穀豊穣をもたらす地となりて、生命を潤す水のごとく、火(太陽)の光賜りてほうおうとなる」の意味を示しております。
サンマーには、魔除けであるとともに壷屋の象徴ともされている獅子(シーサー)を描き、闇を裂いて四方を照らす光のごとく広がり、世に平和をもたらす意味を持っております。つまり、壷屋の「炎」の舞うところ、五穀豊穣、無病息災、偉大な人物の出現をもたらすという、めでたい旗頭でございます。上にもつ「旗字」「翔竜鳳雛」の意味、「期は熟した」。偉大な人物が、世のため人のため、力を尽くそうと、今まさに世に出んとする。その姿、どうぞ壷屋一番旗「牡丹」、旗時「花鳳」共々宜しくお願いいたします。
炎と若者は熱い。

真和志地区実行委員会

31 12月, 2013 (15:13) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 8m
2.旗頭全幅 2.7m
3.旗頭重量 60kg
4.灯籠デザイン 識名園大角堂
5.旗字 真和志泰平
□ 真和志地区実行委員会の旗頭
真和志地区実行委員会の「真和志泰平の旗頭」は、昨年の12月世界人類の宝として世界遺産に登録されました。識名園の六角堂を、真和志地域のシンボルとして位置づけ、この度15年振り3回目の旗頭を完成することがでいました。
また、トゥールーは六角堂を中心にサンマーは識名園の池に自生している大きな蓮の葉に、花も蓮の花として製作いたしました。
旗頭の高さが8m、竿の長さが7m、旗頭全体の総重量が60kgとなっており、威風堂々を皆様方にお披露目が出来ますことは、誠に慶賀の至りでございます。
ご案内のとおり、旗字の「真和志泰平」は、真和志地域の住民が家庭円満・繁栄、子孫繁栄、無病息災、更には平和を願うとともに、県都那覇市の大きなイベントであります「ギネス認定世界…の那覇大綱挽」が、未来永却、子々孫々まで受け継がれることを念ずる意味でもあります。
我が街の世界遺産「識名園」の六角堂を真和志のシンボルとして、世界遺産への登録の喜びと地域の子弟が夢と希望にあふれ、世界のウチナーンチュとして飛躍する願いを込めた「真和志泰平の旗頭」を存分にご覧頂きたいと思います。

那覇 西壱番旗

31 12月, 2013 (15:13) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 8m
2.旗頭全幅 2m
3.旗頭重量 50kg
4.灯籠デザイン 算木
5.旗字 凱歌
□那覇 西壱番旗の旗頭
那覇・西壱番旗は那覇大綱挽保存会から委嘱を受け、比嘉稔先生を中心に究道館空手道場と那覇ジム・パワーリフティング等の競技者で構成し、凱歌を持つことになりました。

首里鳥堀町青年会

31 12月, 2013 (15:12) | hatagashira | By: エイジ

1.旗頭全長 8m
2.旗頭全幅 1.6m
3.旗頭重量 60kg
4.灯籠デザイン 桃
5.旗字 和鴨
□ 首里桃原町の旗頭
首里桃原の町は、首里の西側に位置しており首里地域でも比較的小さい部類の町です。また、公民館のある場所は、旧工芸女子学校の跡地に建設されており土地柄、温厚で教養のある人が多い町であります。
自治会は年間を通じて、活発に活動をしています。特に首里文化祭については自治会員婦人部・青年部・子供育成会と各部一致団結し毎年参加し、約30年前頃、各町の祝賀パレードの審査をし順位がつけられている頃、桃原町は、小さな町ながら毎年上位に入賞していました。
青年部は年間をとうして行われる町の事業に協力し、敬老会についてはお年寄り面前で旗頭を演舞しています。
旗頭は、首里地区で最初に復活した旗頭です。復活した当初は、5人程度で持てる旗頭で鼓灯籠には、トラの絵が描かれていました。その後、自治会・青年部で話し合いを重ね鼓灯籠は桃原町の桃をデザインした現在の形になりました。
旗字の「和鴨」とは村人が一致協力して一つの事を成し遂げていこうという思いが込められています。